04.gif 精神的には毎日がゴロリンコ生活・・・ このままじゃほんとうにひげがはえるゾ・・・

2008年07月31日

周防 柱松

周防柱松とは、光市の島田川中流で行われる火祭りです。

     hasira18.jpg

姉が光市の立野と言う所に嫁いだため、もう随分前からこのお祭りの接待に参加させてもらってる。

それがまた毎年徳山夏祭りの翌日。この日程はこれからも変わらないと思う。
若い頃は夏祭り打ち上げで朝まで飲んでいたりしたもんだから翌日の炎天下が紫色に見えたりしたもんだ・・・・・。

近年、そんな無理も出来なくなったが、その分当日のお手伝いがままならなくなった。
 役に立たないのは姉への甘えも大きいんだろうな〜〜と思う。


http://www3.ocn.ne.jp/~hashira/index.html

↑にて詳しいお祭りの内容が確認できます。
周防柱松保存会会長は、ねこまるの親戚・・・・・・。
posted by ねこまる。 at 03:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知りませんでした。
内容を久米地区も見習いたい祭のお手本ですね。
ちなみに来週が久米の祭りなのですが、私は地区防犯指導員として仕事です。
Posted by 久米組 at 2008年07月31日 10:53
久々に お邪魔します。
へ〜〜 ですね。

ぜひ 行って見たいお祭りですね。

新聞、テレビでしか見たことないんで
来年は行って見たいな!
Posted by Pちゃん at 2008年07月31日 15:33
一度お伺いした事あるのですが、とても幻想的ですばらしいですね
ケーブルテレビで特集を見たことあるのですが、燃えやすいように葉を何日もかけて乾燥させたり、皆の手間がかかってますよね。
Posted by 又吉 at 2008年07月31日 20:29
ぶっちゃけ、地元です(爆)。
小さい頃は、毎年見に行ってましたよ。

「たいまつ、投げたことあるのか」と、
必ず聞かれますが、
恐れだったので、一度も投げたことありません。

今ならできるかも。…!
Posted by HAL-e at 2008年07月31日 23:21
久米組さん、お祭りは地域に生活している人が参加して初めて楽しめるものだとねこまるは思います。
当然規模が大きくなるとしつらえられたお祭りに行く人も多いことでしょう。
しかし、祭りは起こした側のほうが楽しめます。

ねこまるは毎年いいお祭りを体験できているんですよ。地味でも手作りで熱い思いの伝わる地域の祭りが子供達の夏の思い出になるんじゃないかな。
Posted by ねこまる at 2008年08月01日 01:25
P様、ご無沙汰しております。夏祭りではお疲れ様でした。暑い中、大変でしたね〜。

1度行って見てください。なかなか幻想的な祭りです。たいまつが放り込まれるさい、火の粉が飛び散ります、柱の中にたいまつが投げ込まれると仕込んであった花火がはじけます。
チリチリと柱が燃え始め零れ落ちる火の粉が幻想的です。
祭りの出店も婦人部やら自治会の方々だけ。
地味な祭りですが伝統を感じる祭りです。
Posted by ねこまる at 2008年08月01日 01:37
又吉様、ご存知でしたか。
残念ながら徳山の祭りは中途半端で(小さな街の祭りですから)祭りのお客さんの為にしつらえた祭りという感じがあります。
PH通りでライブをされていた・・・あんな感じの参加した市民が楽しめるのってとてもいいと思います。
少しずつですが「市民参加」のお祭りの匂いを感じた今年の徳山夏祭りでした。

8月16日は久しぶりの花火大会。どうなることやらですが、徳山湾での花火は初めてです。
Posted by ねこまる at 2008年08月01日 01:46
HAL-e さん、そうですか。地元なんですね〜。
お祭りの思いでも沢山あるのでしょうけれど、1度たいまつ投げてみてください。女手では一番高いたいまつには届きませんので低めのたいまつ(子供用)から練習してはどうでしょ? そういえばねこまるも当分投げてないです。今は子供用でも届かんかも・・・・・です。
Posted by ねこまる at 2008年08月01日 02:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103903389

この記事へのトラックバック