04.gif 精神的には毎日がゴロリンコ生活・・・ このままじゃほんとうにひげがはえるゾ・・・

2011年02月07日

リンリンが来た〜〜〜!

会いに行ってきました!。リンリンに。

憧れのジャイアントパンダ。
ねこまるが子供の頃の夢の動物園にしかいなかったジャイアントパンダです。




リンリン(オス)は上野動物園で産まれたユウユウ(オス)との交換で1992年に来日した最後の「日本籍の」ジャイアント・パンダでしたが、残念ながら2008年4月30日に亡くなりました。

思ったほど大きくなく、可愛いお顔をしていました。が、写真を撮影するには環境が悪く、ガラスに色々映ってしまいます。
数枚とってこれが1番。
剥製以外にも写真が沢山展示されていました。どの写真も可愛い作品でした。


はじめて見るジャイアントパンダの剥製に、子供さんたちが・・・

「なんでうごかんのん?」
「なんでしんだん?」
「なんのびょうきじゃったん?」・・と親御さんに質問攻め。


ランランは繁殖のため、3度もメキシコに送られたとか・・・。ストレスも大きかったでしょうに。

「死んで剥製になったから動かんのよ。」
「大人になったらやりたくないこともしなければいけないから・・」
「ス・ト・レ・スと言う病気が寿命を縮めるんよ」



あ・ちなみに、剥製の写真は撮っても良いそうですが、写真の撮影はだめのようです。




posted by ねこまる。 at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 徳山大好き!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これがリンリンなんですね!
もっと熊っぽい足かと思ってました。
いろんなものが写り込んでますが
かわいいのは十分伝わってきます♪
Posted by くろあひる at 2011年02月07日 22:33
くろあひるさん、もう少し写真が上手に撮れたらもう少し可愛さが伝わったと思います。
ジャイアントパンダって、私年代のあこがれキャラでした。
ノートの挿絵だったりシールがあったり。
写真も可愛いものばかりでしたよ。
Posted by ねこまる at 2011年02月08日 01:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック